しんこのブログ

興味あることいっぱい

ハイエースキャンピングカー スタッドレスタイヤを運ぶのに苦労した話

焼肉バイキングで体重が大幅に増加したしんこです。

 

 

 

 ハイエースキャンピングカーで初めての冬

スタッドレスタイヤアルミホイールは購入済み 

10月に納車されたスーパーロングトレイン。

すぐに冬タイヤが必要になることはわかっていたので,雪がちらついてから慌ててお店に走らないようにすることと,消費税が増税になる前に買ってしまった方が安く購入できるので,納車前の9月に購入済み。 

www.shinkoace.com

 

お店のご厚意でタイヤとアルミホイールを組んだ状態で12月まで預かってくれていたので,いつ交換しに行こうかとタイミングを計っていたのですが,当初考えていなかった目論見を実行するため,引取り&自分でタイヤ交換という作戦に変更しました。 

 

ハイエースキャンピングカーにタイヤは積めるか?

スタッドレスタイヤのサイズは純正の夏タイヤと同じ195/80R15で,メーカーサイトのサイズ表によると直径は693mm。

自分のスーパーロングトレインはリヤにカーゴスペースを持つタイプですが,奥行きは560mm。カーゴスペースには積めそうもありません。

 

縦に積むのは転がる恐れがあるので論外として,平積みする方法を考えるしかありません。

 

何とか積載できました

結局スーパーロングトレインで最も広いスペースを確保できるのはベッド展開した状態なので,テーブルを撤去して1800mm×1720mmのスペースを作ります。

ただしビニール袋で包んでくれたとしても,マットが汚れてしまってはまずいので,使い古しのシーツを2枚敷いてベッドを完全にカバー。

 

お店では「新築のお部屋にタイヤ入れるようなもんですよ。本当にいいんすか?」と自分以上に車内にタイヤを積むことを心配してくれましたが,「ビニール袋で包んでくれるんでしょ? 大丈夫ですよ。」ということで何とか積載。

f:id:shinkoace:20191216221049j:plain

こんな感じで4本積めました。

 

タイヤの積み降ろしについては,リヤゲートがガバッと開くハイエースの強みを生かして後部から。

f:id:shinkoace:20191216221647j:plain

 

無事自宅に持ち帰って物置に収容しようとしましたが,まだGDBインプレッサのタイヤが残っていて,ハイエースの大きなタイヤが入りません。

仕方なく縁側に山積みにしておきます。

f:id:shinkoace:20191216222116j:plain

 

さてこのタイヤとホイールに自分は何をしようと企んでいるのでしょう。

その答えはこの次ね。