しんこのブログ

興味あることいっぱい

納車待ち日記⑭ 電動水洗式ポータブルトイレ THETFORD ポルタボッティ 565Eを購入

いろいろと焦り気味のしんこです。

 

さてスーパーロングトレインの車両製作,納車が近づくにつれ,自分も諸先輩たちと同じようにインターネット通販でポチポチする機会が増えてきました。 

www.shinkoace.com

 

 

 

ポータブルトイレはTHETFORDポルタボッティ565E

キャンピングカーとトイレ

自分のキャンピングカーにはトイレが必修だと思う

キャンピングカーのトイレについては,その便利さとは裏腹に車内の臭いの心配や後始末の面倒くささが付きまとうため,必要だ不要だの議論はずっと平行線。

別に人さまがどうこう言おうが,自分が必要と思えば設置すればいいだけの話なので,キャンピングカー選びの際には,緊急用にポータブルトイレを搭載する方式から常設のタイプまで規模に拘わらずトイレの設置が可能であることが条件に入っていました。

 

スーパーロングトレインはカーゴスペースにポータブルトイレを置くことは可能ですが,目隠しなどは一切ありませんので,自分は同スペースに簡易的なマルチルームを特別にオーダーしてます。

f:id:shinkoace:20190731210545j:plain

f:id:shinkoace:20190731211824j:plain

 

これで公衆トイレのないパーキングエリア等でも心配なく仮眠ができるはず。

 

トイレ選びは情報が少なく難しい

ポータブルトイレ選びは手掛かりが少ない

なかなかレビューしにくい類の商品であるためか,Web検索しても個々の製品についての優劣が良くわかりません。自分としてはもともと非常用の色彩が強いので,価格もそこそこで使えればいいやの感覚でDometic976を選定。

「ぼちぼち調達しなきゃな…」と考えていた時に,いつも拝見しているこちらのブログ記事に遭遇。

blog.goo.ne.jp

 

Dometic976とポルタボッティ565Eの詳細な比較が使用者目線で綴られています。これによりどっちにしようか迷いが発生。

自分のトイレ選びは振り出しに。

 

実物を見て決めた!購入へ

こうなったら実物を見て判断するしかない。

ちょうど東京キャンピングカーショー2019開催の頃だったので,パーツ販売コーナーに行けばきっとあるはずと予想。どちらも定番商品なのでばっちり展示されていました。係の方に断って両製品に腰かけたり,なでなでしたり…

f:id:shinkoace:20190721221410j:plain

 

結論。THETFORDポルタボッティ565Eに決めました。電動水洗式であることも含めて,価格は倍くらいになってしまいますが,快適なトイレ環境にするため清水の舞台から飛び降りです。

 

ただし、展示会会場ではまだ決心がついていなかったのと,大きい箱を遠く離れた駐車場まで運ぶのが嫌だったので手ぶらで撤収。

後日キャンピングカーパーツセンターで購入しました。展示会場での購入より割高になってしまいましたが致し方なし。

www.campingcar-partscenter.jp

 

カーメイトポルタボッティPPE002は違う商品?

なお"ポルタボッティ"でWeb検索すると,電動水洗式でカーメイトポルタボッティPPE002がヒットします。

外観も諸元も同じなので,OEM or マイナーチェンジ商品だと思うのですが,決定的な情報がありません。

結局THETFORDのホームページで商品ラインナップを調べて565E購入に落ち着きましたけれども,もし同一の商品ならばPPE002の方が実売価格が安価で,お試し用ケミカルも付属しているのでお得感があります。

ほんとポータブルトイレに関する情報は少ないですね。

 

THETFORDポルタボッティ565Eが着荷

開封の儀

外箱はなかなか派手。中身がトイレであることは一目瞭然です。

f:id:shinkoace:20190902213426j:plain

 

同梱されているのは本体の他,付属品として汚物タンクのキャップ,洗浄水補給用の注水口アダプターとキャップ,乾電池,そして取扱説明書。

f:id:shinkoace:20190902214422j:plain

f:id:shinkoace:20190902214442j:plain


外観・構造

写真で見る外観は下すぼまり形状がが強調されるのでコテッと行きそうな感じですが,実物は思ったよりどっしりしています。動く車内で安定しているかどうかは追々検証することにします。

 

本体下部の右側にトイレットペーパーホルダー。その上に見える灰色のレバーを前方に動かすと汚物タンクのブレード(シャッター)が開きます。

f:id:shinkoace:20190902215248j:plain

 

実際に取り付けてみるとこんな感じ。

f:id:shinkoace:20190902215319j:plain

 

便器と汚物タンクを分離します。汚物を処理する際にはこの形態で,奥に見えるL字型の排出口を回転させ,汚物を排出します。

f:id:shinkoace:20190902215915j:plain

 

洗浄水を流してみた

電動で洗浄水が流れる様子が見たくて早速やってみます。清水を流すだけですけどね。洗浄水タンクにやかん1杯分の水を入れてボタンを押すと…ウィーンという軽いモーター音と共に水が出ました。おおっ凄い!

f:id:shinkoace:20190902220854j:plain

 

写真ではほとんど見えませんな…

ボタンは1回押すと2秒間くらいの間だけ一定量流れます。長押ししすぎても流れっぱなしということがないのがいいですね。

 

まとめ

カトーモーターへ持参する予定

我がスーパーロングトレインも遂に9月中旬頃には車両製作に着手するとのこと。滅多にない機会ですので,製作中の状況を見るため,またまた訪問するつもり。

その際565Eを持参し,渡してくる予定です。

 

マルチルームの枠寸法や,引きずり出すためのスライド機構など,現物があった方が何かと都合が良いですし,間違いがないですからね。

納車時にしっかり搭載されていることになるので,帰宅道中の旅で早速活躍するはず。

 

レビューは納車後に

試しに使ってしまうという手もあるのですが,カトーモーターに持ち込む都合もあるので,納車までは使わないでおきましょう。

使用感についてのレビューは納車後にしますね。

嫁さんは現在のところ「私は使わない。」と言っていますが,さてどうなるか。

 

消臭剤も買わないと

ポータブルトイレには消臭剤が必修ですが,調べてみるとこれもなかなか奥が深そう。しばらくは調べごとと,インターネット通販のポチポチが続きそうです。