しんこのブログ

興味あることいっぱい

納車待ち日記⑫ GDBインプレッサの嫁ぎ先が決定

何かと慌ただしくなってきたしんこです。

 

さてスーパーロングトレインの納期が具体的に見えてきましたので,現在の愛機GDBインプレッサの嫁ぎ先を探さなければいけません。

 

 

一般流通ルートには乗らない車両 

競技車両は一般的な売却はたぶん無理

自分が現在所有しているGDBインプレッサは,2006年登録のF型。一般的には"鷹の目"と呼ばれているタイプになります。

グレードはSTIのSpec Cで競技車両のベース仕様として販売されていたもの。ラリーに出場するために購入したので,FIA公認の溶接ケージをはじめ,フル補強,アンダーガード装着などの改造を受けています。

f:id:shinkoace:20190821202806j:plain

 

外観については競技に使用したため,跳ね石による傷はもちろんのこと,ちょこっとコースオフした痕跡もあり,普通のユーザーからすると敬遠したい類いの物かと。

 

また,ラリー装備に関しても,一般的な買い取り業者への売却ではまったく評価されないでしょうし,恐らく査定も不可能ではないかと思われます。

実際に買い取り業者に持ち込んだことはありませんが,競技車両を普通の中古車として流通ルートに乗せるのはほとんどムリな感じがします。

 

競技車両の価値

改造の程度や痛み具合にもよりますが,これから競技を始めたい人や,代替の競技車両を探している人たちにとっては,ノーマルの車両を入手してから改造に費用をかけるより完成している競技車両を手に入れた方が割安。

それに30年位前だったら,EP71スターレットやAE-92カローラなど一般向けに市販されている新車,中古車でも競技車両のベースになるようなクルマはゴロゴロしていましたが,MT車ですら珍しい現在では格安のベース車両を見つけるだけでも大変でしょう。

f:id:shinkoace:20190821204235j:plain

 

自分のGDBインプレッサ最大の"売り"は溶接ケージ。本来は安全確保が目的の装備ですが,ボディ剛性も格段にアップするので車体が捻じれる感じがほとんどありません。

f:id:shinkoace:20190321143021j:plain

 

ただし,新車を一度バラバラにしてホワイトボディの状態にする必要があるので,手間と工賃が盛大にかかります。そのため,溶接ケージで製作された車両の台数はそれほど多くないはず。

 

クラブの後輩に譲る

車両製作,メンテナンスでお世話になっているショップに売却の意思を伝え,個人売買で買い手が現れるのをゆっくり待つつもりでいましたが,ほどなく所属クラブの後輩から譲って欲しいという申し入れがありました。

 

13年落ちの車両としては結構高価な価格設定にしていたのですが,将来有望な若手でもありますし,今後の活躍の手助けになるのならば本望と思い,お値段をちょこっとお勉強して売却することにしました。

 

キャンピングカー導入に向けての動きが具体化してきたと実感

スーパーロングトレインを契約したり,一部代金を支払いしたりということも具体的な行動なのですが,納期までたっぷり時間がありましたし,自分の生活スタイルに変化があるわけでもないので,実感がわかなかったというのが正直なところ。

 

今乗っているクルマが手元から離れていくということが決まったことで,いよいよ乗り換えが迫ってきたなという感じがします。

f:id:shinkoace:20190821212955j:plain

 

GDBインプレッサを譲渡するのは約一か月後。それまでは壊さないように注意しながら,最後のドライブを楽しみたいと思います。

 

 

 

真夏の日射しをカット! 屋外活動の強い味方 キャプテンスタッグ クイックシェードUV250

酷暑に負けず活動しているしんこです。

 

この夏の暑さは本当に厳しい。しかし冷房の効いた部屋でじっとしているのももったいない。

そんな時に助けてくれるのがクイックシェード。

 

 

夏の屋外活動

日陰を作ればなんとかなる

自分は部屋にいるより屋外にいたい派。休日はどこかに出かけなくても,お庭の手入れをしたり,なにかしら作業をしたり。

しかし真夏の直射日光の下での活動は厳しい。そんな時に簡単に日陰を作ってくれるのがこれ。

キャプテンスタッグのクイックシェードです。

サイズは最小で2m×2mから,最大3.75m×2.5mまでいくつかのラインナップがありますが,自宅の庭には2.5m×2.5mの250UVがピッタリ。

ガーデンテーブルをすっぽりカバーしてくれます。

f:id:shinkoace:20190818153128j:plain

 

1人で設営可能

フレームはアコーディオンのように伸びるタイプ。

 

設営場所を決めたら,1本の支柱フレームにペグを半分くらい打ち込んで仮固定。あとは仮固定した支柱フレームと対角になる支柱を空中に浮かせながら引っ張れば展開していきます。この時,仮固定した支柱フレーム以外の3本は全て地面に触れないよう高く持ち上げながら引っ張るのがコツ。

f:id:shinkoace:20190818210147j:plain

f:id:shinkoace:20190818210212j:plain

 

このため仮固定のペグは半分くらいにして,わざとグラグラ動くようにしておくわけです。

 

フレームが展開しました。

f:id:shinkoace:20190818210254j:plain

 

後は取扱説明書に従って…

f:id:shinkoace:20190818154605j:plain

 

フライを取付け,支柱フレームを高さ方向に伸ばしていきます。

f:id:shinkoace:20190818155736j:plain

 

自分は1本ずつ伸ばすしか手がないので,この時点では支柱フレームを固定するペグは4本とも半分くらい打ち込んだ状態のまま。傾いたり浮いたりするので,その逃げを確保しておきます。

 

支柱フレームが伸びたらペグをしっかり打ち込み,ガイロープで4隅をびしっと固定して完成。

f:id:shinkoace:20190818160028j:plain

 

慣れると約20分程度で展開・撤収できますよ。

 

※取扱説明書には「設営や撤収は,必ず二人以上で行ってください。」とありますね。まあ自己責任でお願いしますぜ。

 

自分はもっぱらお庭専用で

このクイックシェードにはキャリーバックが付属しているので,デイキャンプなどに持って行って使用できますが,15.5kgの重量は肩にずしっとストラップがめり込み…きます 。

f:id:shinkoace:20190818210653j:plain

 

機材がこれだけだったらよいのですが,やれコンロだのチェアだのと考えるとなんとも面倒くさい。仲間がいるようなお出かけならばいいんですけどね。

 

1人で設営・撤収する自分はもっぱらお庭で使用してます。

 

土曜日の朝に展開してお庭で活動,夜は屋外で炙りものをつまみに🍺一杯,日曜日の夕方には撤収する。なんかいいでしょ。

 

直射日光はもちろん夜露・朝露も防げるクイックシェード。

屋外活動の拠点としていかがですか。

 

 

 

納車待ち日記⑪ カトーモーター 最終仕様打ち合わせ スーパーロングトレイン

水分🍺の過剰な摂取で夏太りのしんこです。

 

スーパーロングトレインの最終仕様打ち合わせのため,カトーモーターに行ってきました。

6月の訪問から約2か月ぶりの新潟です。 

www.shinkoace.com

 

 

 

遂に最終仕様を決定

大げさな見出しですがそれほどのことでもありません。

カトーモーターではシート生地やカーテンの柄を結構な種類の中から選べる他,家具の意匠についても基本的な形はあるものの,可能な範囲で我々の希望を聞いてくれるので,しっかり打ち合わせてきましたよ。

 

シート生地&カーテン柄

とにかくたくさんの見本があるので悩みだすと収拾がつかなくなりますが,シート生地については展示車などで見慣れたものに落ち着きました。

f:id:shinkoace:20190816203456j:plain

 

写真にはいくつか写っていますが,採用したのは左手前のアントワーヌ 7066。展示車は黄色みがやや少ない色調の7068なのですが,イメージとしてはこんな感じ。

f:id:shinkoace:20190721212714j:plain

 

カーテンは淡いグリーンで纏めました。

 

テーブル形状

テーブルは上の写真のように四隅をお洒落に欠きとった形状ではなく,シンプルな長方形としました。

「サイズはどうしますか?」と言われたのですが,サイズ感がわからないので標準で。敢えて言うなら,テーブルをセットしたまま2人で就寝しても邪魔にならないサイズってとこですかね。

足は2本で,床にねじ込む仕様。

 

テーブル上面には互いに向きあって座ったとき,カップホルダーが右側手前になるよう対角線上に2個追加。

通常のステンレス製ならば追加費用なしで取り付けられるようですが,せっかくなので,「地場三条・燕の職人による伝統工芸…」が売りの鎚起銅器カップホルダー1個/¥2,000を選択。

 

ポータブルトイレの引き出し機構

リヤの簡易マルチルームに置くポータブルトイレについては,使用する時のみ箱状の枠から引っ張り出して使う計画なのですが,スムーズに引き出し,押し込みができるのかちょっと心配になってきました。

f:id:shinkoace:20190731212604j:plain

 

「何かいい方法はありませんか?」と相談したところ,ポータブルトイレを板に載せ,その板の下にプラ製のスライダーを付けて,滑らせてみてはどうかとの提案を受けたので採用することにしました。

あまり前例のないリクエストだと思いますし,うまくいくかどうかはやってみないと…といった感無きにしも非ずですが,床に加工をしたりという大掛かりなものでもないので,トライしてみる価値はありそうです。

うまくいけばいいですね。

 

ちなみに写真の模型は持参して行きました。

上記の相談をしたときにはこれを現場まで持って行って見てもらい,先程のようなアイディアを出してもらうことができたので,打ち合わせをスムーズに…という目的は果たせたようです。

 

下駄箱

模型ではスライドドア側を斜めに切り落とした形状としていましたが,収容力重視で展示車と同じような直方体形状としました。

もちろんテレビ台にしてもらいます。

f:id:shinkoace:20190804150456j:plain

f:id:shinkoace:20190721211735j:plain

 

間接照明

7月の東京キャンピングカーショー2019で見た間接照明の雰囲気が良かったので,是非取り付けたいと思ってました。

f:id:shinkoace:20190721214955j:plain

 

「間接照明いいですよね。どれくらいの費用で追加できますか?」と聞いてみたら,答はなんと最近製作分の車両から標準装備となっているとのこと。これは素直に嬉しい。費用負担なしで希望が叶いました。

 

フロアマット

運転席のフロアマットって基本的にディーラーオプションだし,付いてないんだろうなと思いますよね。そうであれば予め購入して,納車の際に背負ってこなければなりません。

恐る恐る確認した結果,意外にも標準で付いてるそうです。勝手に判断して買わなくてよかった…気になることは何でも聞かなきゃダメですね。

 

側窓用網戸

換気や外気取入れの際には必需品となる網戸。「納車されたらすぐに購入しなきゃなあ。」と思ってインターネットでいろいろ物色していたのですが,1枚/¥10,000で装着してくれるオプションがあることが判明。

 

カタログのオプションには記載がなかったので,自分で調達しなきゃと思っていたのですが,過去に調べた市販の網戸の価格よりも安価ですし,最初から付いているのはありがたい。

追加で窓3枚分お願いしました。

 

納車されたら自宅までの道中で1泊する予定なので,すぐに窓を開けて就寝することができます。良かった。

 

その他諸々

その他の細かい形状や意匠については,Webページに過去に納車された写真がたくさん掲載されているので,自分の希望と同じものを印刷して持って行きました。一目瞭然なので話はスムーズに伝わりましたよ。

 

嫁さんからは「ボンネットにKのステッカーは付きますか?」の質問が。付いているのが嫌なのではなくて確実に付いていて欲しいから。

ボンネット,リヤゲートにしっかり貼られるそうです。

 

自分は展示会で見た,右リヤ窓に大きなKとKATO MOTORのステッカーがお気に入りなのでリクエスト。走る広告塔になりますよ!

f:id:shinkoace:20190211141008j:plain

 

納車はいつ?

さて,重要なのは納車日。

消費税が上がる前に納車されるよう発注しましたので,9月と言いたいところなのですが,自分のスケジュールが詰まっているため,10月中旬に新潟まで取りに行くことで決定。

ただし完成検査と登録は9月中に終わらせ,支払いも全額済ませてしまいます。これで消費税は8%となるので,支払額に変更はありません。

 

登録したらすぐに納車して!早く旅に出たい!という方からすると,なんとも悠長なと思われるかもしれませんが,自分としては昨年の12月に発注してからあっという間に今に至った感じなので,少々伸びても問題なしです。

 

我がハイエースと初対面

外観のディテール

6月14日に入庫したとの連絡は受けていましたが,車庫前に据え付けてくれていました。

f:id:shinkoace:20190816214445j:plain

f:id:shinkoace:20190816214505j:plain

 

改造着手前の"素"の姿です。

外観的な特徴としては,バンベースなのでドアミラーやドアノブなどが黒いこと。またトヨタセーフティセンスをレスオプションにしたので4型後期の特徴であるグリルのミリ波レーダーがありません。

 

後姿では,メーカーオプションでバックモニター内臓自動防眩インナーミラーを取付けたのでリヤアンダーミラーがなく,すっきりしています。

 

意外だったのは右リヤの大型窓に,スライド式開閉窓がないこと。昨年レンタルしたキャンピングカーのランドワゴン リノには存在していたので,てっきりあるものだと思っていました。

まあそういうトヨタの仕様なら仕方ないなと思っていたら,担当Mさんが「窓ガラスを撤去して架装した車両の発生品があるので,開閉窓付ガラスに交換しちゃいます。」とこともなげにおっしゃいます。こちらが予想すらできない展開に驚きながらも,なんとも嬉しいじゃないですか。カトーモーター凄いです。

 

スーパーロングバンの車内

車内は思っていた以上にガラーンとしていて鉄板むき出し。

f:id:shinkoace:20190816215652j:plain

 

スライドドアにはイージークローザーがないので,半端な閉め方では半ドアになります。

 

後ろからの眺め。リヤゲートを閉める時も相当な力が要りますが,これは仕方ないかな。

f:id:shinkoace:20190816220725j:plain

 

このそっけない荷室が,あの温もりのある居住空間に化けるとは信じがたいですね。

キャンピングカーとなった後の姿と比較すると面白そう。

 

運転席はまあこんな感じ。バンベースなので華やかさ一切なし。

f:id:shinkoace:20190817100518j:plain

 

ペラペラのビニール素材の床敷物がなんともしょぼくて泣けてきます。

イージークローザーの件も含めて,キャンパー特装にディーゼルエンジンの設定さえあれば…とつくづく思いますね。

 

新旧交代のご対面

最後に新旧交代間近の一コマを。

f:id:shinkoace:20190816220953j:plain

 

思えばどちらも極端なクルマですなあ。

 

 

 

ジンギスカンフリークに捧ぐ! コーナンオリジナル七輪用ゴトクがジンギスカン鍋にジャストフィット

アウトドア飯=肉の呪縛から脱却できないしんこです。

 

今回はジンギスカンをこよなく愛する方々に捧げます。

 

ジンギスカンが好き!

屋外でやる料理と言ったらジンギスカン

現在は北関東にある人気ランキング最下位が定位置の県に住まう自分ですが,生まれは人気トップの北の大地。

自分が育った頃は,キャンプ,お花見,海水浴etc.とにかく屋外での料理と言ったらジンギスカン。自分は今でもジンギスカン野郎です。当然あの鉄兜のような形をしたジンギスカン鍋で焼く。

 

七輪が窒息

カセットコンロでやるのも手軽でいいですが,屋外でやるからにはやっぱり炭火で楽しみたい。丸い鍋には七輪の相性がぴったり。火力調整も割と細かくできますし。

ただ一転問題が。七輪にジンギスカン鍋を載せると,ぴったり過ぎて蓋のように空気の流れを遮ってしまい,火が消えちゃうんですよね。

仕方がないので七輪と鍋の間にナットを挟んで嵩上げし,隙間を確保したのですが結果はいまいち。

 

ピッタリの商品発見!

最近,七輪で焼き鳥を楽しんだ時にその使い勝手の良さを再認識し,ジンギスカンの火力としても活躍できないかと再び考え始めました。

"七輪 五徳"でGoogle検索してみると,コーナンオリジナル七輪用ゴトク KG23-9518がヒット。 

家にある七輪&ジンギスカン鍋の外径を測定すると,ジャストフィットじゃないですか。

f:id:shinkoace:20190808203554j:plain

f:id:shinkoace:20190808203611j:plain

 

ちなみに鍋は底の径でΦ28cm。

価格も安いし試してみる価値あり。速攻で調達です。

 

これは期待通り!悩み解消

まずは組み合わせてみる

早速組み合わせてみます。

まずは七輪と。

f:id:shinkoace:20190808204250j:plain

f:id:shinkoace:20190808204308j:plain

 

ぴったり!

次に鍋を載せてみます。

f:id:shinkoace:20190808204514j:plain

 

これまたぴったり!

爪もしっかり掛かっていて横滑りの心配もありません。

f:id:shinkoace:20190808204627j:plain

 

これ専用かと思うほどのフィット感。そして当初の目的である,空気が流れる隙間の確保具合がいい感じ。

この時点で既にテンションMAX。早くやるべや!

 

七輪で楽しむジンギスカン

近所のスーパーでラム肉を調達できたので焼いてみたべさ。

もちろんタレはジンギスカン用。今回はソラチね。

f:id:shinkoace:20190808205150j:plain

 

自分はもやしたっぷり派なので,てんこ盛りにします。

空気の流れはもちろん良好。空気穴の開閉で炎が変化する状態も良く見えるので,火力調整もやりやすい。

f:id:shinkoace:20190808205353j:plain

 

なまら美味いな。ついつい食べらさっちゃいます。

 

これは七輪でジンギスカンを楽しむときには必修のアイテムですぜ。

気になった方は今すぐコーナンへGO!

 

今回は味付けでないラム肉でのジンギスカンを楽しみましたが,味付けジンギスカンだったら,しんこのお勧めはこちら。

肉厚でなまら美味いよ。

 

 

したらねー。

 

 

納車待ち日記⑩ 下駄箱&テレビ台の模型完成 スーパーロングトレイン

ジョギングて鍛えているのか消耗しまくっているのかわからなくなっているしんこです。

 

前回のカーゴスペース模型に続き,今回は下駄箱&テレビ台を。  

www.shinkoace.com

 

 

 

1/20スケール 下駄箱&テレビ台

下駄箱の上にテレビステーで液晶テレビを設置したい

リヤゲートのカーゴスペースに続いて,スライドドアのエントランス部分です。

ロングトレインにはどのボディタイプにも助手席の後ろ,スライドドアを開けたら向かって左手前に下駄箱が設置されています。

標準では下駄箱の上にシート生地でクッションが拵えられていて,スツールのようになっています。

f:id:shinkoace:20190721211735j:plain

 

自分の希望はこの下駄箱背面の板を上方へ延長,ここに折りたたみアーム型のテレビステーでテレビを設置したいというもの。

f:id:shinkoace:20190524210821j:plain

ズバリこんな感じ。

f:id:shinkoace:20190804145116j:plain

 

テレビはシャープ の19インチ液状テレビ AQUOS 2T-C19AD-Bを,1/20にスケールダウンしてあります。

下駄箱の寸法と形状

高さ方向

高さ寸法で注意しなければならないのは,ハイエースはエンジンルームをメンテナンスするために助手席を後方へ跳ね上げる必要があるということ。この助手席の動きを妨げないことが重要。

5月にカトーモーターを訪問した際に,ここへ電子レンジを設置した実例があったので,その高さまでは壁を立ち上げてもOKと判断しました。

ちょうど電子レンジがテレビに置き換わる感じね。

f:id:shinkoace:20190607214832j:plain


奥行きと形状

カタログや写真等から適当に割り出したのですが,ここで大失敗。

作例の奥行きは実物換算で約20cm。どう考えても靴が縦に入りません。

f:id:shinkoace:20190804150456j:plain

 

実物の製作依頼をする際には,靴が入るようしっかり確認が必要ですね。こういう気付きも模型を製作して検討するメリットということで。

 

作例ではカタログにあった,スライドドア側の面を斜めにカットする形状になっていますが,容積を確保するという点では不利。電子レンジが乗っかっている実例のような直方体形状がいいように思います。

 

扉は下向きに開。車内,車外どちらから開けても扉が邪魔にならないので,これで正解でしょうね。

 

テレビの設置方法

下駄箱の上に直接テレビをドンと据え付けてしまう手もありますが,視聴時になるべく車体中央に移動したいので,アーム型のテレビステーでの取付けを希望。

f:id:shinkoace:20190804151746j:plain

 

ソファに腰かけた体勢では,やや見下ろす感じになりますが,高さ方向に制限があるので致し方ないところ。

テレビステーの取付け位置によっては,テレビの高さだけでももう少し上にできそうな感じがしますので 相談してみましょう。

 

この方式のメリットとしては,向きを自在に変えることができるので,スライドドア側に向ければ車外でも視聴可能になるというところ。

f:id:shinkoace:20190804152205j:plain

 

実際やるかどうかは別として,機能としては確保しておきたいといったところでしょうか。

ちなみにテレビステーはこんな感じで真鍮線とパイプをはんだ付けして製作。

ちょっと凝りすぎたか?

f:id:shinkoace:20190804152512j:plain

 

まとめ

近々カトーモーターへ最終の仕様打ち合わせに行くので,これらを持参して家具類の相談に使いたいと思います。

半分びっくりさせよう的な要素も無きにしも非ずですが,何ごとも楽しまなくては損ですからね。

 

 

 

納車待ち日記➈ カーゴスペースの模型完成 スーパーロングトレイン

早朝から気温が高いのでジョギングで消耗しまくりのしんこです。

 

納車待ち日記⑧で紹介した模型が完成しました。 

www.shinkoace.com

 

 

 

1/20スケール模型

カーゴスペースの簡易マルチルーム

今回このような模型製作の動機となったのは,打合せ時にこちらの図面がなかなか理解してもらえなかったから。

f:id:shinkoace:20190211125319j:plain

それなら立体的に作ってしまえば,可動部の動きや取り合いも一目瞭然。こちらの希望が100%伝わるのと同時に,カトーモーター側からも的確な可否の判断や,もっといい提案をもらったりできるはず。

 

マルチルーム模型の製作

ではご覧あれ。

先日の途中経過とほとんど変わっていませんが, ハンガー掛けと扉の開閉ストッパーを追加しました。

f:id:shinkoace:20190731210545j:plain

 

ハンガー掛けはもっとお洒落な感じの意匠が希望ですが,1/20で再現するのはなかなか難しいので,簡単に Φ0.8mmの真鍮線をコの字型に曲げて作ってあります。壁面にはΦ0.8mm,深さ1mm程度の穴を貫通しないように開け,押し込み&接着。

 

扉ストッパーはΦ0.8mm真鍮線をL字型にはんだ付けして製作。床に扉の開位置,閉位置それぞれにΦ1.0mmの穴を深さ1mm程度開けてあります。ストッパを穴に落とし込めば,しっかり扉が固定されます。

f:id:shinkoace:20190731211824j:plain

 

ただし閉位置でのストッパ開放は,ピンセットでないと操作できないところがちょっと失敗。

指が入らないっす。

f:id:shinkoace:20190731212217j:plain

 

運用方法の構想

マルチルーム内にある箱状の囲いにはポータブルトイレを接地し,使用時は扉を開けて固定したうえでポータブルトイレを引っ張り出して使う作戦。

f:id:shinkoace:20190731212604j:plain

 

こうすればポータブルトイレ上方が常にデッドスペースになることはなく,荷物を置いたり,クローゼット的な使い方ができたりするはず。反面,扉開閉に必要なスペースには物が置けない事態が発生しますが,こればかりは実際に使ってみないと評価が難しいですね。

 

あとは扉を開位置にしておけば,リヤゲートをがばっと開けても車内が丸見えにならない効果も期待できます。

f:id:shinkoace:20190731213142j:plain

 

ポータブルトイレはマットの上などに置いて,床の上を滑らせる構想ですが,果たしてそんなにうまくいくかなと最近ちょっと心配。

トイレ下面の床にスライド機構が欲しいところですが,引き出した状態で体重+ポータブルトイレの重量を支える強度が必要。今のところそれに見合う構造が浮かびません。

次回の打ち合わせで相談してみたいと思います。

 

なお箱滋養の囲いの高さはDometic976が収容できる寸法で作ってありますが,最近THETFORDポルタボッティ565採用に決めたので,50mmくらい上げるように変更します。

 

カーゴスペースのカウンターテーブル

カーゴスペースの車体左側には,小物を置くのに何かと便利なカウンターテーブル。自分が図面を引いた固定式と,カトーモーター提案の折りたたみ式両方を製作。

 

固定式カウンターテーブル

もともと小物が置ければ便利との考えなので,面積は最小限。さらに一部を円弧上に欠きとって,大きい荷物を搭載する時や,マルチルームへアクセスする際の動線を支障しないようにしてあります。

f:id:shinkoace:20190731214845j:plain

 

さらにカウンターテーブルの下には支えを兼ねた小棚を設置。

マルチルームルームと組み合わせるとこんな感じ。

f:id:shinkoace:20190731215325j:plain

 

折りたたみ式カウンターテーブル

もう一方のカウンターテーブルは折りたたみ式。寸法は適当に作ってあります。

f:id:shinkoace:20190731215706j:plain

f:id:shinkoace:20190731215738j:plain

 

テーブルの下にある中折れ式のヒンジはさすがに可動式にするのは困難。見かけはそれらしく作ってありますが,単なるつっかえ棒です。

製作後に東京キャンピングカーショーで実物を見ましたが、ヒンジの形状は多分こっちが正解。

f:id:shinkoace:20190721214402j:plain

 

大物を積む場合などは,こちらの方がスペースをフレキシブルに使えそうです。

マルチルームルームと組み合わせるとこんな感じ。

f:id:shinkoace:20190731220557j:plain

f:id:shinkoace:20190731220623j:plain

 

打合せの際の強力な武器に

カトーモーターでは家具の意匠や仕様などについて,ユーザーサイドの意見を可能な限り実現してくれます。これは他のビルダーにはあまりない特徴でありメリットですが,希望がうまく伝わらなかったり,元々実現不可能な希望だったりした場合,自分の想いとは違うものができてしまい,がっかりというリスクも絶対ないとは言えません。

 

互いの幸せのためにもこのような事態は絶対避けたいところ。

 

まあこれだけ具体的な形で示せば,解釈の違いなどは発生しないと思うので,最終仕様打ち合わせの際には強力な武器になってくれることでしょう。

 

 

次回は下駄箱&テレビ台を。

 

 

BUNDOK/バンドック ヘキサゴンタープで快適キャンプ

夏が来るとトラック野郎が見たくなるしんこです。御意見無用。

 

今回はヘキサゴンタープをレビューします。

 

 

BUNDOK/バンドック ミニヘキサゴンタープ UV BDK-25

タープが欲しかった

自分は年に数回程度キャンプを楽しんでいますが,実は昨年までタープは持っていませんでした。まあそれほど必要性を感じていなかったということなんでしょうけど。

 

いつもはドームテントの前にテーブルをポンと設置するだけのお気楽スタイルなのですが,さすがに露天に放置では夜露,朝露でびちょぴちょになることも多かったんですよね。

そんなこともあってタープ購入を決意。

ところが調べてみると種類は多く,価格もピンキリでどれを買ったらよいのやら。いろいろ迷ったのですが,コスパ重視でこちらを購入。

 

ドームテントとの組み合わせは「小川張り」で

ドームテント前のリビングスペースに屋根が欲しいので,もっぱら「小川張り」でセッティングしています。ドームテントは20年くらい前に¥3,000くらいで購入した安物ですが,痛みもなくいまだ現役です。
見ての通りカラーリングはバラバラで,タープとは全然合ってませんが,気にしなければどうってことなし。 

f:id:shinkoace:20190726205221j:plain

セッティングテープを自作する
「小川張り」をするためには,センターポールをドームテントの背後に移動させるためのセッティングテープが必要。Webで検索すると多くの自作事例が出てきます。
自分はベルトを縫い合わせたり,穴をあけてハトメ金具を取付けたりする加工が億劫なので,下記パーツの組合せで製作。
これならば切った貼ったなしで簡単に作れますよ。

f:id:shinkoace:20190727115113j:plain

 

Dカンは 4個入なので,残しても仕方ないのと,強度アップを兼ねて両端に2個ずつ使用。片側にスプリングフックを取付け,これをタープのグロメットに引っ掛ける形で連結します。

f:id:shinkoace:20190727115144j:plain

 

平ベルトの長さはトライグライトの調整でお好み次第です。

 

最近は既製品もあるんですね。部品をかき集めるよりもっと簡単かも。

 

「小川張り」を やってみた

こんな感じでドームテントに前室ができました。

f:id:shinkoace:20190302174733j:plain

 

少し風が強い日も何回かありましたが ,今のところ金具の変形等もなく良好な状態です。

セッティングテープを少し長めにすると,物干しとしても使えますよ。自分はいつも撤収前にシュラフを干してます。

 

約1年使ってみて

価格が安い

まずは何といっても価格が安い。ただし安かろう悪かろうではダメで,それなりにつかえているところが高評価。

 

持運びが楽ちん

収納したときのサイズが長さ約70cm,直径10cmくらい。他のタープを所有していないので比較はできませんが,コンパクトで持ち運びやすいです。

自分の場合はドームテントの収納袋のサイズと同じくらいの長さになるので,車に搭載するときにしっくりくるので助かってます。

f:id:shinkoace:20190727115246j:plain

 

収納袋も余裕があるので,セッティングテープはもちろん,同時に購入したタープポールも一緒に収納してます。

f:id:shinkoace:20190727115309j:plain

 

強度的な問題なし 

今までのところ,センターポールを刺すためのグロメットや,骸ロープ取付け用のループ,センターポールに損傷等は発生していません。何度か風が強い状態でも使用しましたが問題ないようです。

 

露から道具をしっかりガード

当初の目的である夜露,朝露から道具を守ることについては狙い通り。

雨に対する能力については経験していないので不明ですが,Webショップのレビュー等を見る限りでは大丈夫そうですね。

 

屋根が低い

センターポールの長さは200cm。横からの目隠し重視で角度をきつめに張ると,テーブルを挟んでチェアに腰かけた状態で頭に触れるのでイラッとします。設営場所の広さにもよりますが,なるべく屋根の角度を緩く設営するようにしています。

前室側だけセンターポールを240cmくらいのものに取り換えてみようかなと思案中です。

 

ガイロープがしょぼい

見た目もしょぼいのですが,機能的には収納時に絡まりやすく,設営時は解くのにイライラします。

他にはセンターポールに使うロープも,裾に使うロープも共通の長さなので,裾部分には長すぎ。折り返して長さ調整するのも一苦労。

f:id:shinkoace:20190727120156j:plain

 

そんなこんなで早いうちにパラコードに取り換えました。

色は赤。 太さがあるので絡まりにくいですし,赤にしたことで目立ちやすく,躓き防止にもなります。センターポール用,裾部分用とそれぞれ長さを合わせて作ったので設営も楽々。金色の自在金具と共にお洒落になってお気に入りです。

f:id:shinkoace:20190727120235j:plain

 

まとめ

買ってよかったか?

結論として買ってよかったです。

キャンプ入門で,タープを安く買いたいけど何がいいかなという方にはお勧めします。

ただし大きさについては,テーブルを挟んで2~4名くらいが限界だと思うので,よく検討してくださいね。

 

付属品のグレードアップも楽しみのうちということで

セッティングテープ自作だの,ガイロープ交換だのと別の出費をしましたが,趣味の物ですからこれも楽しみのうちということで。この後ペグも変えることになるのですが…合計すると本体価格のほうが安くなっちゃってますけど。

 

 

今回はこれにておしまい。