しんこのブログ

興味あることいっぱい

《キャンピングカーくるま旅》花咲く春の総州へ 人気を避けた千葉の旅 Day1

同じニュースを何度も繰り返し聞かされるのが苦痛のしんこです。

 

今回はスーパーロングトレインで行くくるま旅のお話。

f:id:shinkoace:20200323220707j:plain

 

 

他人との接触を極力避ける旅

キャンピンクカーは移動・宿泊でのリスクが少ない?

いきなり旅の醍醐味を否定するような見出しですが,現在の状況下では止むを得ません。

本来ならば外出自体を控えるべきでしょうが,移動から宿泊まで完全なプライベート空間で,他人との接触を避けられるキャンピングカーならばリスクは少なそう。

 

さらに訪問先はあまり人が寄り付かないようなマニアックなところにして,途中の買い出しも基本的にしない,1泊なのでお風呂も無しという考え得る限りの安全策を施して出掛けることにしました。

 

春の花咲く総州(千葉県)へ

今回の行き先は千葉県。車窓から春の花を楽しめそうですし,距離も短くコンパクトなルート設定にできるということで。

 

人が寄り付かないマニアックな訪問地…は後ほど。

 

出発準備

ゆっくり出発なので準備は朝に

9時頃に出発のユルユル旅程なので出発準備は当日の朝。

早朝ジョギングに出発する前に外部充電を接続。

f:id:shinkoace:20200324201518j:plain

 

平日の日中はソーラー充電されているのでサブバッテリーの電圧は13V程度あり,このまま出発しても問題はないとは思いますが,宿泊する旅の前日には必ず外部充電するようにしています。

今回は当日の充電ですが,出発までは4時間くらい外部充電ができるので充分でしょう。

 

排水タンクの汚水を捨て、清水タンクに水を20L補給して満タンにします。

f:id:shinkoace:20200324202159j:plain

 

冷蔵庫には食材を収めて

f:id:shinkoace:20200324202256j:plain

 

清水タンク右側の隙間に飲料水を搭載。手洗い用のキレイキレイもしっかり装備。

f:id:shinkoace:20200324202435j:plain

 

着替えを積んだら出発準備完了です。

f:id:shinkoace:20200324202746j:plain

 

CB缶の保管位置を工夫

今回の旅に投入した新兵器はこれ。

f:id:shinkoace:20200324203101j:plain

セリアで見つけた何の変哲もない木製のボックスですが,スーパーロングトレインのエンジンカバーとキッチン家具の隙間にぴったりの寸法で,更にカセットこんろ用のCB缶が丁度2本立つという素敵な逸品。

f:id:shinkoace:20200324203427j:plain

先日投入した布製収納 BOXと共に,キッチンの使い勝手向上は間違いなしです。 

www.shinkoace.com

 

総州(千葉)の旅 Day1

香取神宮

最初の訪問地は香取神宮

駐車場は結構いっぱいで,図体のでかいスーパーロングにはちょっと厳しめでしたが,車両感覚にも慣れてきているので難なく駐車。

f:id:shinkoace:20200324203902j:plain

 

往来する人の密度はそれほどでもありません。境内をのんびり散策&森林浴をします。

 

黒に金の装飾が施された拝殿が印象的ですね。

f:id:shinkoace:20200324204033j:plain

旅の安全と,疫病の終息を祈願。

 

参道にはいろいろな食べ物が売っているお店が並んでいて華やかです。ここで早くもコンセプトがブレて買い食い魂が発動。

和茶房 うのさんでお持ち帰りの草だんご🍡7個入をゲット。

f:id:shinkoace:20200324204347j:plain

キャンピングカーの中で戴きましょう。

 

草だんごのお供にお茶をいれるためお湯を沸かしますが,キッチン収納の改善が早くも効果を発揮。CB缶やカセットこんろ,ティーバッグetc.がキッチンに立ったままサッと取り出せるので作業が楽々。

なかなか良いぞ。

f:id:shinkoace:20200324205252j:plain

 

旧海軍香取航空隊跡・青海掩体壕&両総東金円筒分水

マニアックな訪問地の最初は匝瑳市にある旧海軍の掩体壕掩体壕とは空襲から戦闘機を守るために作られた蒲鉾型のコンクリート構造物。

田んぼの中に掩体壕が点在している奇妙な景色を,ずっとこの目で見たいと思ってました。

f:id:shinkoace:20200324205703j:plain

異様な光景。 

当然周囲には誰もいません。心行くまで味わい尽くします。

f:id:shinkoace:20200324205828j:plain

 

掩体壕の周囲はあぜ道でキャンピングカーが接近できるような状況ではありません。訪問するには広いところに車を駐めて,徒歩で接近する必要があるのでご参考まで。

 

掩体壕を見終わったところでちょうどお昼。

昼食はまたまたコンセプトがブレて,近所のナリタヤ旭萬力店さんでパンとバナナを買い,車載のスープパスタと共に戴きました。

f:id:shinkoace:20200324210421j:plain

 

休憩後に小1時間ほど走って,次なる訪問地は茂原市の両総東金円筒分水。

円筒分水とは,農業用水を円筒状の中心部から湧き出させ,円筒外周部から溢れて落下する際に一定の割合に分割して送水するという施設。

これまたかなりマニアック。

 

この円筒分水は道の狭い住宅地の真ん中に忽然と存在しているため,キャンピングカーが駐車できるところがありません。徒歩10分程度のところに道の駅 みのりの郷 東金があるので,こちらに駐車させてもらい歩いて行きます。

f:id:shinkoace:20200324211255j:plain

 

またまたなんと奇妙な光景でしょう。萌えますなあ。

f:id:shinkoace:20200324211350j:plain

 

当然,自分たち以外は誰もいません。

まあ変なところばっかり…文句も言わずについてきてくれる嫁さんに感謝です。

 

道の駅むつざわ つどいの郷

円筒分水から1時間ほど走って本日のゴール地点に到着。今夜はこちらで休ませてもらいます。

f:id:shinkoace:20200324211820j:plain

既に数台のキャンピングカーが停泊の体で駐車しとります。

 

ここは2019年9月にリニューアルオープンした道の駅で,施設もピカピカ。

f:id:shinkoace:20200324211931j:plain

f:id:shinkoace:20200324211956j:plain

 

入浴施設もあるのですが,残念ながら感染拡大防止のため臨時休業中。

f:id:shinkoace:20200324212103j:plain

時期が時期なので営業していても利用したかは微妙ですけど。

 

駐車場は車の左右方向に緩い水勾配がついていますが,ほぼ水平で問題無し。

f:id:shinkoace:20200324212328j:plain

 

特筆すべきは道の駅の周囲にガソリンスタンドやコンビニ,スーパーマーケット,ホームセンターまであって,何かを調達する必要があるときには便利です。

f:id:shinkoace:20200324212549j:plain

 

スーパーの脇にある焼き鳥屋さんからいい匂いが漂ってきます。つまみが不足したら調達しに行こうかと思いましたが,準備してきた分でお腹いっぱいになったので買い食い発動は無しね。

 

夕食はイワタニの炙りやで揚げ物をころころしておつまみに。

f:id:shinkoace:20200324213029j:plain

メインはロールキャベツとちらし寿司を電子レンジで温めて戴きました。

 

食後はまったりとテレビを見て…

f:id:shinkoace:20200324213131j:plain

 

眠くなったら「おやすみなさい😴」

 

Day2につづく。