しんこのブログ

興味あることいっぱい

SOTO G-ストーブ ST-320は携帯性抜群でおすすめ!キャンプでも大活躍

わずかな晴れ間を狙って外遊びしているしんこです。

 

さて,キャンピングカー購入記も一段落しましたので,キャンプや外遊びでの便利グッズを紹介します。

 

 

今回は自分のお気に入りのこのバーナーを。

 

SOTO G-ストーブ ST-320

メカメカしい外観が所有欲をそそる

まずは見てください。

f:id:shinkoace:20190716145641j:plain


他の一般的なバーナーとは一線を画すメカメカしい外観ですけれども,その理由はこれ。

f:id:shinkoace:20190716150043j:plain

 

本体がカセットのような形態で,コンパクトに収納できる構造になっているのです。

www.shinfuji.co.jp

 

構造

銀色に光る本体をパコッと開くと

f:id:shinkoace:20190716150610j:plain

f:id:shinkoace:20190716150638j:plain

 

バーナー部が格納されています。

これを組み立てて,燃料のCB缶を取付けると…

f:id:shinkoace:20190716151009j:plain


こんな感じで完成。


火力調整部を拡大してみると,写真左のロの字に見えるのが火力調整つまみ,その反対側にある橙色は圧電点火の押しボタンです。

黒い樹脂パーツにCB缶を連結します。燃料の調達が容易なCB缶というところも運用に幅を持たせてくれますな。

f:id:shinkoace:20190716151322j:plain

 

簡単便利に使えるバーナー

ケトルを乗せてみます。

f:id:shinkoace:20190716152147j:plain

 

湯沸かしが簡単にできるので,屋外で手軽に珈琲を楽しむことができますね。バーナーシート無しでもテーブルが熱の影響を受けることはありません。

 

収納時のサイズは,幅142mm×奥行78mm×高さ25mmで重さは380g。燃料であるCB缶と比較するとそのコンパクトさがよくわかります。

f:id:shinkoace:20190716153045j:plain

 

持運びに関してはまったく苦になりませんので,自分はドライブやサイクリング時にリュックへ入れておいて,良きところで珈琲タイムという使い方。 

 

キャンプでは朝食時にお湯を沸かしたり,ホットサンドを焼いたりと大活躍,撤収直前に炭火を起こすと片付けに手間がかかりますからね。

 

グランドワゴン リノの旅でもしっかり活躍。

f:id:shinkoace:20190716153516j:plain

 

キャンピングカー旅でもその携帯性と手軽さからますます出番が増えることでしょう。