しんこのブログ

興味あることいっぱい

4バッテリー3ウェイチャージャーコントローラー『ペリー君』

何かと慌ただしくなってきているしんこです。

 

今回はバッテリー3ウェイチャージャーコントローラー『ペリー君』のお話。

 

 

 

4バッテリー3ウェイチャージャーコントローラー『ペリー君』

BlueMoon Channel KATOMO TVの動画に便乗

先週末に公開されたこちらの動画。


www.youtube.com

こちらで4バッテリー3ウェイチャージャーコントローラー『ペリー君』が紹介されていたので,便乗して紹介しちゃいます。

 

『ペリー君』はカトーモーターのオリジナルオプション装備のせいか,紹介記事を目した記憶がありません。

自分がオプションについて検討しているときと同様に『ペリー君』を付けようかどうか迷っているんだけど,どんな機能があるの?という方向けにレポートしてみます。

 

スーパーロングトレインの電装

最初にスーパーロングトレインの電装についてですが,運転席側のソファーの下に収められています。

f:id:shinkoace:20211024103116j:plain

 

サブバッテリーは100Ahが3個。

f:id:shinkoace:20211020213819j:plain

 

こちらが『ペリー君』の本体。

f:id:shinkoace:20211020212857j:plain

 

『ペリー君』の充電機能

スーパーロングトレインの充電系統は,外部電源,159Wソーラーパネル,走行充電の3系統。

 

外部電源による充電

外部電源接続時は,外部電源と159Wソーラーパネルからの出力を合算してサブバッテリーを充電します。サブバッテリーが満充電になるとメインバッテリーを充電します。

20200801200701

 

159Wソーラーパネルからの充電

159Wソーラーパネル出力のみで充電を行います。サブバッテリーが満充電になるとメインバッテリーに充電するのは外部電源による充電と同じ。

20191028204909

 

駐車場に駐めているだけで晴天の日中は常時充電されてますので,普段使いのときにもサブバッテリーの電圧低下をあまり気にしたことがありません。

 

走行充電(メインバッテリー系)

取扱説明書では「ACC ONでメインバッテリーからサブバッテリーへ充電」と記載されていますが,そんなことをするとメインバッテリーが上がってしまってエンジンが始動不能になってしまうので,エンジンが動いているときにオルターネーターからの電力で充電すると理解するのが正解かと思います。

 

なお走行充電時も外部充電と同様に159Wソーラーパネルからの出力を合算してサブバッテリーを充電します。

 

ソーラパネルは太陽光があればいつでも活躍するシステムになっているんですね。

 

『ペリー君』の操作

こちらが『ペリー君』の操作パネル。

f:id:shinkoace:20211024113723j:plain

液晶表示と表示の切替・充電関係のスイッチ,そして各機器のON・OFFスイッチ6系統で構成されています。

 

液晶表示

何かボタンを押すとオレンジ色のバックライトが点灯。

f:id:shinkoace:20211024114249j:plain

左側にSUB1・MAINなどの表示する項目が5つ,右側上段の数値が電圧値,下段が入出力の電流値を示します。

SUB1の下が空欄になっていますが,サブバッテリーを2系統に分けたシステムを組んだ時にはSUB2が表示されます。自分のスーパーロングトレインは1系統のみなのでSUB1だけの表示。

 

写真ではSUB1 CHG LDに黒のアンダーラインが入っていますが,これは表示が選択されている項目を示しています。

切替は後述する[表示]ボタンを押すことでSUB1➡MAIN➡ソーラ➡AC電源➡ロード➡SUB1…と順番に切替わります。

 

この写真の液晶表示が示している状況は,SUB1:サブバッテリー1系統が,CHG:充電されていて,LD:使用しているサブバッテリー。サブバッテリーの電圧は12.5V,0.2Aの電流で充電されているという意味になります。

 

なお電流の値は+が充電側,-が消費側を表します。

 

またソーラの項目にPOWの表示があるので充電方法は159Wソーラーパネルであるということ,ロードの項目のONはサブバッテリーが出力していることがわかります。

 

電圧値,電流値がデジタルで表示されることと,各機器のステータスがわかりやすいというのも『ペリー君』の売りの一つ。

自分も有効に活用してます。

 

表示の切替・充電関係と各機器のON・OFFスイッチ

液晶表示の下には表示の切替や充電関係,各機器のON・OFFスイッチを配置。

f:id:shinkoace:20211024121126p:plain

 

左上の[表示]ボタンでSUB1,MAINなどの表示を選択します。

f:id:shinkoace:20211024124521j:plain

アンダーラインがMAINへ移動したので,メインバッテリーの電圧・電流値表示になりました。

 

右に進んで[CHARGE/充電先]ボタンは充電するバッテリーの選択と充電OFFのスイッチ。

f:id:shinkoace:20211024124658j:plain

MAINのところにCHGが表示され,メインバッテリーが充電されます。

 

続いて[LOAD/使用BAT]ボタンは使用するバッテリーの選択とロード(出力)OFFのスイッチ。

[POWER/充電方法]ボタンは外部・159Wのソーラーパネルなどの選択と充電OFFのスイッチになっています。

ただし『ペリー君』はこの切替をすべて自動でやってくれますので,操作する必要はありません。ボタンの下にも表記がありますが"常時AUTO"で使用します。

 

右端の[A⇔W]ボタンは電流(A)表示を電力(W)表示に切替えるスイッチです。

f:id:shinkoace:20211024124829j:plain

 

最後に各機器のON・OFFスイッチ。

6系統のON・OFFが可能で,自分の場合は

①室内灯

②ベンチレーター

③冷蔵庫

④ポンプ

⑤オーディオ(カーナビ)

⑥DC12V(シガーソケット)

の割付けとなっています。

f:id:shinkoace:20211024125421j:plain

ONになっている機器は緑色のLED表示で一目瞭然。

 

まとめ

ざっと紹介しましたが,『ペリー君』いかがだったでしょうか。

 

カトーモーター製のキャンピングカーに限ったオプション装備となってしまいますが,購入を検討中でどうしようか迷っている方,これは付けて損のない装備ですのでお勧めです。

 

159Wソーラーパネルも合わせて付けると,サブバッテリーの管理が楽になりますよ。

メインバッテリーにも良いね。